婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

結婚するなら最後はやっぱりお人柄や人間性じゃない!?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。 

以前の婚活で出会った人で、この人いいかもなぁ...って思える男性がいたんです。

 

だけれど、私はこの彼に対し、最初のころからなんとなく引っかかるものがあった。何度かお会いしてみて、最終的に気付いたことは、その男性は自分に自信があるようで、本当は自分に劣等感を持っているということ。

 

初対面のとき、彼は私のことを多いに値踏みして来た。人のことを値踏みしていることがバレバレな質問が多く、ちょっと気分を害されたけれど、婚活ではなかなか出会うことのできないモテそうなタイプだったので、私は一緒にいるのが楽しくて会うことをやめなかった。私の推測ですが、たぶん彼はこれまでモテて来たんじゃないかな...。しかしながら、現在も独身ということは、何か理由があるのだと思います。


初対面である程度の会話をした時点で、その彼からの私に対する値踏みはなくなった。それどころか、そこからは女性に対する「気遣いのできる素敵な男性」に変貌してしまったように思う。恐らく、彼の中で女性に対する採用基準があって、その第一の通過点をクリアしたということなのだろう。


「初対面で人を値踏みするほどあなたは凄い人なのかしら?」って本心では思っていたけれど、私は彼と一緒にいるのが楽しくて、自分の冷静な判断力を失っていました。そもそものところで、相手を値踏みしていることが私に伝わっている時点で、相当失礼な方なんですれどね...。 


人との出会いにおいて、最初に違和感や引っかかる点があった場合、人間の直感というものは概ね当たっているものだと思う。 


自らの採用基準を通過した女性にのみ態度を変えるこの男性。まだまだこの先も通過ポイントは色々とありそうだし、会話をして行く中で、自分の損になるような女性は絶対に選ばないといったスタンスが非常に利己主義な方と感じました。

 

net-star.hatenablog.com

 

不測の事態を受け止めることのできる人でなければ...

ここで、私は思うのですが、どんなに完璧な相手を選んだところで、結婚してからだって何が起こるかわからないのが現実です。奥さんが病気になったり、家事ができなくなったり、老後は介護が必要になったり、この先に起こることは誰にも予測がつかないことです。それなのに、そうやって相手に完璧ばかりを求める人間と言うのは、何かあったときに人を見捨てる可能性があるのではないか...と思うと、私はこの彼に対し、最後まで心を開くことができませんでした。 


私自身の考えですが、結婚と言うのは「お互いが不足しているものを補い合っていける関係」でありたいと思っています。 

 

余談ですが、私は第一印象では優しく物腰穏やかな印象を与えると人からよく言われるのですが、私がお人柄に対してシビアな判断基準を持っていることに彼は途中から気づいたのでしょう...。そのころから、彼は私に嫌われるようなことを一切して来なくなり、彼自身のこともあまり開示して来なくなりました。

 

スポンサーリンク
 


そして、本日のブログの本題ですが、結婚となるとやっぱり最後はお人柄や人間性でしょうってことです。これまでの恋愛を思い返してみても、やはり性格のいい人と一番長く続いたし、幸せを感じることが多かったように思います。

 

ただ、この歳になるといい人はすでに結婚してしまっているのが現実と思える状況が続いています。そこから、何か問題のある男性は離婚してバツイチになるでしょうし、初婚の方は次にまたお会いしたいと思えるような方がなかなかいらっしゃらず...といった婚活の日々です。ということで、この先も諦めるのではなく、気長にマイペースで進めて行くしかないと思っています。