婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

病気になり入院をしたことを大変有意義なことに感じています

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

昨日、無事に退院しました。この度は大変素晴らしい病院で手術を受けることができ、帰りに病室から出る際にスーツケースを引きながら、どこかのホテルでチェックアウトでもしているかのような気持ちになりました。

 

医師をはじめ、どの看護師やスタッフの方々も素晴らしいご対応で、私は今回の入院でも多くの気づきや学びを得ることができました。

 

今回、手術で身体から不必要な物を取り除き、のんびりとした時間を過ごすことで、自分は普通に生きているだけでとても幸せであることに気がつきました。

本日は、今回の入院で私が得た学びや気付きについて書いていこうと思います。

 

ストレスや疲労は物欲とマイナス思考のはじまり

人間は日常の仕事や家事から離れ、ストレスや疲労が極限までなくなると、ただそれだけで幸せを感じる生き物なのかも知れません。多忙を極め、自分の時間がなくなりストレスが溜まってくると、私の場合はマイナス思考になったり、不必要な買い物をしてしまったり、身体に病気として現れるのだと思いました。

 

今回、友達がお見舞いに来るときに、「なにかほしいものはある?」と聞かれたのですが、特に食べたいものやほしいものが思いつかず、メールの返信に困りました。

 

日常では仕事や家事など必ずやらなければならないことがありますが、今後はこのようなことから定期的に自分を完全に切り離す時間を作るようにしたいと思いました。

 

今の自分を活かすことのできる仕事は必ずある

病院の先生やスタッフの方々の仕事に対する熱意や姿勢が大変素晴らしく、やりがいのあるお仕事に就かれていることを羨ましく思いました。他人のこのような状況を目にするといつもであれば、過去の挫折を思い出し「たら、れば」の感情が発生していたと思うのですが、今回はそのようなこともなく、自分の可能性やこれからのことに目を向けることができました。

 

お見舞いに来てくれた友達が野心溢れる独立志向の強い女性で、これからお互いに自分でなにかをはじめるのがいいよね...という話になりました。これについては現在の自分の考えや行動と完全に一致しているので、今後もこのまま動き続けていきます。

 

これからも明るく誠実に生きていこう

今回の入院は家族と断絶している自分にとって大変孤独を感じる出来事でした。心優しい友達が力になってくれたことで、なんとか無事に乗り越えることができましたが、それ以外にも病院のスタッフの方々がホスピタリティのある方々ばかりだったため、私の心は救われました。

 

年齢を重ねるにつれ、困ったことが起きても、その度に心優しい方々との出会いがあり、最終的に感動や幸せを感じられる機会が増えました。

 

世の中というのは精神レベルが似ている者同士が引き合うようになっていると思います。自分が困ったときに、周りの人がしてくださる行いや気遣いと同じようなことを日ごろから自分も心がけて来て本当によかったと思います。

 

また、大変偉そうですが、ここ近年はお付合いする人を選ぶようにしているため、嫉妬や足の引っ張り合いではなく、他人の夢や人生を応援できる友達や知人が増えました。

 

お見舞いに来てくれた友達と帰り際の最後に「嫉妬の感情が発生したら、それに負けない自分でいましょうね。」という話になりました。今回の入院でゆっくり話す時間がなければ、彼女は今後も単なる会社の同僚で、私と同業種の仕事をこれからしようとしていることを知ることはありませんでした。彼女がお見舞いに来てくれたことで、今後はお互いにとって有益な情報を交換できる機会を見出すことができました。

 

スポンサーリンク
 

心の豊かさと健康を大切にする

入院中、昔読んでいたある女性経営者のブログを訪問したところ、闘病ブログに変わっていました。私はその女性経営者のことを正直なところ、あまり好きではありませんでした。なんとなくですが、やっていることに胡散臭さであったり、この方は拝金主義ではないかなぁと感じていたためです。

 

実際のところは私にはわかりませんし、うまく表現ができないのですが、今回の入院でそのブログを久しぶりに訪れ、「お金よりも心と身体の健康が大事である」という考えに至りました。

 

もちろん、お金も大事ですが、健全な心や姿勢で仕事をした結果、生み出されたお金でなければと思います。忙しいことはよいことですが、やはり健康に留意しながら世の中や人のためになる仕事をしていかなければ、その自らの考えていることや心の在り方が病気を生むのではないかと感じました。

 

この女性経営者に限らず、今回の自分も病気になり手術をしたわけですので、これからは健康により気をつけていこうと思います。

 

励ましのメッセージをありがとうございました

この度は入院中に書いた記事に対し、度重なるコメントやメールでのご連絡をありがとうございました。ネット上でのやり取りであるにも関わらず、皆さまのお気遣いや優しさがとても伝わって来て、精神が不安定になっていた私は勇気をいただきました。これから忙しくなる予定でして、それほど更新ができなくなるかも知れませんが、可能な限り更新はしたいと思います。今後もよろしくお願いいたします。