婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

40代の婚活でのお相手選びは「長い目」でみて考えよう!

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

先日の記事『私の場合は「優しい男性」を探していますから...』の続きを書いていきたいと思います。

それにしても、深夜に書いた記事というのは、翌朝読み直してみると本当に恐ろしいものですね...。とかなんとか言いながら、まったく修正もしておらず、どれもこれも私であることに変わりはありませんので、このまま記念にでも残しておこうと思います。自分が壊れかけるまで婚活に奮闘した証にもなりますので...(汗)

 

さて、実は今回のこの彼なのですが、かなりの高学歴の男性になります。

 

もう一度言いますが、かなりの高学歴の男性になります。

 

そんな男性から、いくら身内が言っていたからといって、「優しいというのは、それ以外に取り柄がない人に対して使う言葉だと思う」なんてことを、私宛てに向けられた日記に書かれていたら、ポンコツ頭の私などはカチンと来てしまうものです。


その日記を見て、私はひとりパソコンの前で「私なんてどうせポンコツ頭よ~。だけれど、私は私なりにがんばって生きているんだから~。」となってしまいましたからね...。


そして、そんな日記を公開している彼に対し、やっぱりあなたは優しくないわよね~って思いました。 


プロフィール以外のやり取りからもその彼に対して感じたことですが、そこまで自分の賢さを前面に押し出すということは、恐らく自分に自信がないのでしょうね。現に、彼はその婚活サイトでも出戻りの状況でしたので、このような男性に対し、私は「優しさや思いやりに欠けるタイプなのではないか」と非常に気になってしまうものです。 

 

高学歴と婚活での偏差値はまったくの別ものです

婚活サイトでの私のプロフィールには「偉そうな振舞いや自慢話をする方が苦手です!」とか「気取らず自然体な方が好きです」ということをハッキリと書いていたんですよね。ですので、そんなに頭がよいのでしたら、もちろん私のプロフィールを熟読し、理解できていたはずではなかったのかしら!?とも思いましたね。


私的には、学校の勉強ができるのと、婚活での賢さ(女性に対する臨機応変さ)はまた話が別だと思うんですよね。


要は、どんなに難しい方程式が解けたところで、その男性に優しさとか思いやりがなければいくら婚活をしたところでゴールインは難しいんじゃないかなって思います。 


それと、高学歴の男性の中には、自分の最終学歴に今現在でも確固たる自信を持ち続け、自分の考えが絶対に正しいといった信念を曲げない男性が何名かいらっしゃいました。ただ、こういった男性も婚活がうまくいっていないのが現実のようです。時代が変わりつつありますので、自分と対等な関係を築くのが難しいと感じる男性を選ぶ女性が少なくなって来ているのではないでしょうかね。  

 

スポンサーリンク
 

 

私が『優しさ』にこだわり続けている理由

ここからは、婚活のラストスパートの段階に入ってる自分への覚書きになります。 

婚活で男女が出会い、お付合いがはじまり、結婚することになった場合、誰しも以下のような時間の流れを過ごすことになります。

 

①熱愛時代→②恋愛時代→③新婚時代→④努力と忍耐の時代→⑤老後

 

現実では、①と②の時期にそれほど問題が発生しなかったため、③の時代を迎えることになると思います。

 

それと、①の手前の段階でお付合いをするかどうかこちらが迷っている場合、男性は女性の懸念していることを取り除くために必死になるものだと思います。ですが、この時点で迷っているのであれば、これは今後の自分に向けて書いているのですが、「その迷いこそが自分の答え」なのではないかと感じています。

 

自分が不安に感じているその直感を信じて、やめた方がいいということです。

 

40代での婚活となると、お相手選びの失敗は致命的と考えた方がいいです。②の後半部分で、やっぱり性格悪かったわ~となってしまったら、また一からの婚活のやり直しですからね。


また、①~③の時代に努力ができるのは当然のことですが、長い目で考えたときに、④、⑤の時代こそ幸せな関係でいられる男性を見つける必要があるのです。④、⑤の期間が一番長いわけなのですから。

 

そうなってくると、これはもう学歴とか年収などではなく、何はともあれ、最後は「お人柄」でしょう。

 


先の高学歴の男性の話に戻りますが、デメリットが増えるから誰にでも優しくしていないとのことですが、仮にこのような男性と結婚した場合、④と⑤の時代を迎えたときにどうなってしまうのか私は不安になってしまいました。愛するパートナーには最大限優しくするとのことでしたが、普段それほど優しくない人間がいつまでもそんなことできるのかしら!?って私は疑問に思います。

 

そんなことで不安になるくらいなら、はじめから優しくて思いやりのある人を選べばいつの時代だっていい人なのだから幸せでいられるだろうなぁって思うんですよね。それに、本当に優しい人はデメリットがどうとかそんなことで優しさの使い分けなどしていないものです。 


以上のことから、私は最後ですので、『優しくて思いやりのある男性』をこれからも探していこうと思いま~す!