婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

共感できないブログの記事を読んだときに私が考えていること

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

ここ最近、ほかの方のブログを拝見する時間がなくなってしまったのですが、そんな中でもよく目にするのが、ブログへの誹謗中傷やネガティブなコメントについて書かれた記事です。

やはり、読者数の多い方のブログにはネガコメや誹謗中傷のメッセージが送られて来ることがあるようです。私自身も色々なブログを読ませていただき、「どうしてそんなことを書くのかなぁ...」とか、はてなブログではないのですが、電車の中で読んでいて気分が悪くなってしまったブログもありました。

そこで、本日のブログでは、そんな記事を目にしたときに自分が考えていることについて書いていこうと思います。

 

物事の背景や自分の心の状態を探ってみる

世の中には色々な考えの方がいますので、このようなネットの世界でも当然のことながら自分の考えとは違っていたり、読んでいて不快な気持ちになるような記事を目にすることがあります。

 

そのような記事に遭遇したとき、まずはじめに私はそのブロガーさんがそのような記事を書いてしまうのにはなにか理由があるのではないか...ということを考えます。きっとストレスが溜まっているのだろうなぁとか、そのような記事を書くに至った背景にはその人にしかわからない何かしらの理由があるのではないかと考えます。


そして次に、現在の自分自身について考えます。自分が満たされていないから、そのように感じるのではないだろうか...。自分の嫉妬心から来るものではないだろうか...。はたまた、単に自分が未熟なだけではないだろうかと考えるようにしています。

 

なぜなら、自分が幸せで満たされていれば、どのような記事を目にしたところでわざわざネガティブなコメントなど送ろうとは思わないはずなのです。

 

スポンサーリンク
 

 

人間はその人にとって必要な問題が発生しない限りは変わらない

そして、ネガコメや誹謗中傷のメールを送ったところで、そのブロガーさんの考えや生き方が変わることはまずないと思います。自分のことに置き換えて考えてみるとわかりやすいですが、人間の生まれ持った性格や考え方というのはそう簡単には変わるものではありません。

 

また、そのように反対意見のコメントを送りつけて、相手のことを変えようとしていること自体、自分が愚かであると私は考えるようにしています。月並みですが、「過去と他人は変えられない。変えられるのは、自分と未来である。」という言葉がありますよね。仕事でも結婚でもそうですが、人とうまくやっていくには自分の考え方や受け止め方を変えるしかないのだと私は思います。


それと、もし仮にそのお相手の行為に本当に問題があるのだとすれば、その人にとっていづれかのタイミングでそれなりのことが起こるので、こちらがわざわざネガコメを送る必要はないのです。


以前に介護職の方が言われていて大変納得したお話があるのですが、色々な人の老後を見ていると「これまでの生き様がわかる」というようなことを言われていました。多くの家族や老人を見ていて、悪い行いをしている人には、その当事者にとって必要な時期に必ずそれなりのことが起こるのだそうです。 

 

また、ネガティブなコメントが来ているブログを読んでいて思うことですが、そのブロガーさんのキャラクターが確立されていてとても面白いブログが多いと感じています。なにか過激なことを書くとすぐに批判が来てしまうようですが、そのようなブログには、そのブログにしかないためになる記事であったり、「思いやりの心」が感じられる記事も多いと感じています。

 

お人柄とは文章だけでは判断の難しい多様性のあるものだと思います。ブログの記事の一部だけを読み、重箱の隅をつつくようなことをする人間が減ることを切に願います。私はこれからも思いやりの心を持ち、素敵な記事をひとつでも多く見つけられる人でありたいと思います。