婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

ひとりぼっちの元旦でも孤独を感じなくなりました

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

明けましておめでとうございます!

こんにちは、風子(ふうこ)です。

楽しいお正月をお過ごしでしょうか。

私は事情があり実家に帰ることができないので、今年は友人たちと年越しをしました。

私の周りでは婚活に興味のある女性が多く、色々と質問をされたのですが、最後に海外在住暦の長い女性に説教をされてしまいました。

 

婚活でのお見合いのことなのですが、彼女曰く、「とんでもない男性の場合には10分で帰って来ればよかったのに...。10分でも長いわ~。」とのことでした。

その気持ちもよくわかるのですが、これがいざその場にいるとなかなかできないものなのですよね...。

彼女が言うには、10分ですぐに帰って来て、次から次へと動いた方がもっと沢山の男性に会えたと思うし、ストレスも溜まらず、いい人に出会えたかも知れないということです。普段からバリバリ働く彼女なのですが、まるで自分のことのように悔しそうに言っていましたよ。

 

私は今年は婚活に力を入れる予定はありませんが、婚活に苦戦中の方は、次から次へと数をこなしてみるのもいいかも知れませんね。

 

日々の生活は自分の心のあり方次第

昨年の元旦の日、私はひとりで孤独を感じながら、近くのショッピングモールのお寿司屋さんに入りました。家族連れの方以外にひとりで来ている人もいましたが、私は自分のことをなんて寂しい人間なのだろうと思い、悲しい気持ちになっていました。

 

そして、「今年(2017年)こそはなんとしてでも婚活でいい人を見つけなければ..。」となっていたんですよね。もし仮に誰も見つからなければ、来年の年末年始はアルバイトでもして気を紛らわせる作戦なども考えていました。まったくもってむなしい作戦ですよね...。 

夏ごろにも以下の記事で早くも年末年始のことを心配していた私でした↓

net-star.hatenablog.com 

ところが、今年の元旦はアルバイトなどもしていませんが、ひとりでもまったく問題はありませんでした。それどころか、昨日は電車の乗り換えの階段でとんでもない転び方をしてしまい、男性が心配した様子で私の方を見ていたのですが、そんなことがあっても私はなにも感じませんでした。これが昨年でしたら、元旦にひとりで転んで自分はなんて可哀想な人間なのだろう...となっていたと思います。


昨夜は女性ひとりでは入りにくそうな「ステーキのあさくま」でご飯を食べたのですが、周りは家族連れの方ばかりでしたが、そこでも私はなんとも思いませんでした。「ひとりでゆっくりご飯が食べれて、リラックスできて幸せだなぁ...。」という気持ちでした。

 

さらにいつもでしたら、元日から福を呼ぶために...という自分で勝手に考えた理由から「福袋」を買ったりしていたのですが、今回はそのようなこともしませんでした。

 

どうしたことかとても不思議なのですが、婚活を思いっきりやって納得がいったのか、現実を悟ったのか、自分が歳をとり大人になったのか...。理由はよくわからないのですが、なぜだかひとりでも孤独を感じなくなりました。もしかすると、こちらでブログをやっていることも心理的に効果があるのかも知れませんね。

 

2018年もまたとんでもない記事を書いてしまうかも知れませんが、どんなときも自分らしくありたいと思っておりますので、今年もよろしくお願いいたします。


それと、ブックマークでのコメントをいただいておりまして、本当にありがとうございます。返信の仕方がよくわかっておらずお返事ができておりませんが、すべて読ませていただいております。申し訳ありません。これからもよろしくお願いいたします☆彡