婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

「風子さん、花火の有料席のチケットを購入しました」

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

『風子さん、私の気持ちを素直に受け取ってください』の続きを書いていきます。

 

当事者の男性からの思わせぶりなメールに対し、私は花火のことで以下の返信をしました。

花火の件ですが、私が今月行けるとしたら、以下の日程になります。

8月12日(日)、8月19日(日)、8月25日(土)

この中でふたりで行けそうな花火大会が開催されていればいいのですけど...。

 

そうしたところ、翌日の夜にこの男性より「(私の)自宅近くでよさそうな花火大会があるため、ご検討ください」との返信がありました。


当時の私は、単なる冷やかしとは知らずに「自宅近くまで来てくれるなんて、この彼は優しい人なのかも知れない...」と思うようになりました。そして、この辺りから、私はこの男性ときちんと向き合ってみようという気持ちにだんだんと変化していったように思います。


この時、私が返信したメールが以下になります。

メールのやり取りをはじめたころは“なんともいえない嫌な予感”がしていた私ですが、だんだんとこの男性に心を開いているのが伝わっていますでしょうか...(涙) 

〇〇さん

こんばんは、風子です。

花火大会について調べてくださり、ありがとうございました。

8月25日(土)、ぜひ一緒に行きましょう。

気が早いのですが、天気予報も調べてみたところ、大丈夫そうでした。


これで哀愁漂う夏ではなくなりました(笑)

 

私の自宅近くを選んでいただき、お気遣いありがとうございました。 

当日はお祭りもやっているみたいなので、〇〇さんが少し早く来れそうでしたら、一緒に行ってみましょう。

風子

 

そうしたところ、次の日にこの男性から「花火大会の有料観覧席のチケットを2人分購入しました」とのメールの返信がありました。

このメールでは、夏祭りなどもう何年も行っていないとのことで、(ほかに好きな女性がいるにもかかわらず)まさか今回のようなことをする男性とは思ってもいませんでした。


そして、私は大好きな花火大会に行けるのが純粋に嬉しくて、この男性に以下の返信をしました。

〇〇さん

花火の有料席のチケットを購入してくださったのですね。本当にありがとうございます。

有料席で花火を観たことがこれまで一度もないので、今からとても楽しみです。

お祭りで焼きそばもぜひ一緒に食べましょう。私は6月の手術以来、2か月の間は麺類禁止とされていましたので、焼きそばを食べるのもとっても久しぶりです。

風子

 

スポンサーリンク
?

『四十路の独女の切なさ』が引き寄せるもの...

ここで余談になりますが、メールのやり取りの開始当初は気乗りしなかった私ですが、このようなお相手であっても簡単にお断りをしないところが「四十路の悲しい婚活事情」であると感じています。

 

つまり、この歳になると、いいなぁと思える男性に出会うことがほぼ難しいため、自分の直感を優先する気持ちを抑え、少しの可能性をも探っていこうとするのです。そして、今回のような出来事に遭遇してしまうのです。

 

自分が若ければまだまだ恋愛の対象となりうる男性はごまんといるため、こんなことをする必要もないのですけどね...。


話は戻りまして、当時はまさか自分が冷やかしの対象であるなどとは考えてもいなかったため、私は当事者の男性に対し、誠実な態度で接していました。

 

私自身は日ごろからこのようなことにはきちんと対応したいと思っているため、当事者の男性におかれましては、私のこのような考えや姿勢が伝わっていなかったものでしょうかね...。人とのご縁を大切にし、真摯な姿勢で対応している人間を粗末に扱うこの男性が本当に残念でなりません。