婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

こういうのは本当の友達とは言わないですよね...

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

ここ数日、色々と考えさせられることがありましたので、昨日の記事の続きは後日にしたいと思います。ほかに書きたいことが発生しましたので、それについて書いて行きます。

 


高校時代、私は人間関係の構築の仕方がわからず、ある友人のことを親友だと思っていました。彼女は当時の私と同じようにネガティブな性格の持ち主で、そんな共通点もあり、いつもお互いの悩み事を相談し合っていました。

 

若い頃の私はいつも心の中に孤独や空虚感を感じているような人間でしたので、彼女との関係が途切れないように意識していたように思います。しかしながら、この彼女なのですが、ふとしたときに意地悪な性格を見せることがありました。

 

彼女のお父様が超エリート主義の方で、大人になってから彼氏ができたときに、彼女は父親から「有名大学を出ている男性以外とは絶対に結婚させない」と言われていました。

私はその話を聞いて、彼女の価値観や意地の悪さはこういったところから来ているものなのだなぁと感じていました。と同時に、その家族のまずは人の足元を見るところから入る風習がなんとも悲しく、くだらないなぁと若いながらに思っていました。


私自身も友人から意地悪な発言をされることが時々ありました。それは、決まって私が何かに取り組み、うまくいきそうになるときでした。

 

特に一番顕著に感じたのが、私が異性からデートに誘われたり、彼氏ができそうになるときでした。そんなときは決まって、彼女の口から「また風子の勘違いじゃないの~。」という発言が繰り返されることが毎回でした。 

 

大人になって心理学の書籍を読みあさり、そこから見えたこと

以前の記事で書いたことがありますが、私の元夫は仕事でストレスが溜まったり、何か気に入らないことがあると、家で私を怒鳴り散らすことが多々ありました。


その時から現在に至るまで、沢山の心理学やスピリチュアル系の書籍を読んで、感じていることがあります。

 

先ほどの高校時代の友人の話に戻りますが、なぜ彼女は私の異性関係がうまく行きそうになると、その状況を否定するかのような発言をするのでしょうか...。


その答えは簡単ですが、それは嫉妬などの妬みや嫉み、それと、目の前にある物事が自分の抱えている劣等感やコンプレックスに触れたからなのだそうです。


今目の前にある事象に対して、自分の中で不幸な感情を抱えているから、そのことを素直に受け入れることができず、弱い人間というのは他人のことを否定するのです。


さらに、その自分のコンプレックスを克服すべく努力ができていない、行動のできない人であればあるほど、その傾向が強くなるということです。


高校時代の友人に関して言えば、当時は相当太っていて、容姿はモテるとかモテない以前の問題でした。私自身が特別モテたわけではありませんが、それでも彼女にしてみれば、私に彼氏ができそうになることが面白くなかったのかも知れません。

 

大人になり人間関係を整理しました

20代、30代と年齢を重ねるにつれ、私は「本当の友達とは自分の傷つくようなことやひどい発言をしないものである」いうことがわかり、ある出来事を境に、私は彼女との関係を断絶することになりました。


どうして本日このようなブログを書いたのかといいますと、ここ最近ですが、この歳になり同じような出来事があったからです。  


現在の私は、婚活や今後の人生のことを真剣に考え、試行錯誤しながらも日々必死でがんばっている状況です。 


そんな前を向いている私に対して、ある方から「現在の自分というのはこれまでに選択をして来たことの結果だから」ということを言われまして、どことなく嫌味が含まれている感も伝わってきて、本当に悲しい気持ちになりました。 

 

net-star.hatenablog.com

 

現在の自分ですが、今の私にできる限りのことをしていると自分では思っているのですけどね...。そんな状況の私に対して、今さら過去のことを蒸し返して、何か意味があるのかな...と思いましたね。私だって、過去の選択が間違っていたことくらいわかっています。だけれど、これまでのことを失敗で終わらせないために、必死にもがいてがんばっています。

 

他人を否定する人ほど行動ができず、何かを抱えている人間が多い

この女性以外にも今年に入り、ある女性との間に嫌なことがありました。私自身も完璧ではありませんが、人の嫌がることは極力しないように仕事や日々の生活を送っているつもりなのですけどね...。


ところが、そうやって生きていても、こちらが嫌だなぁとか悲しくなるようなことをする人間というのがどこに行ってもいるものだと感じています。


そして、その方たちに共通しているのが、『何か抱えているものがある』ということです。誰しも生きていれば悩みや抱えているものがあるのは普通のことのように思いますが、そのはけ口を他人へ向けている方々がいることが本当に残念でなりません。

 

自分の人生を変えたければ、自分と向き合い、行動する以外に方法はありません。それなのに、失敗することを恐れ、自分の殻に閉じこもり、ただもがいているだけではストレスが溜まるだけです。よって結果的に、そのような方々というのは他人を攻撃するしかなくなってしまうのだと思います。 

 

スポンサーリンク
 

 

『結果は後からついて来る』ものです

それと、月並みですが、自分のしたことというのは必ず自分に跳ね返って来るのが世の中の常であると私は感じています。他人の気分を害し、他人が心地よく暮らせる時間を奪っているのですから、自分にもいつしか同じことが起こるのがこの宇宙の法則です。


そして、人をジャッジしたがる人間というのは、今ある相手の現状を見てそうしているものですが、その対象の現在の取り組みや努力、将来のことまでは見えておらず、先のことは誰にもわからないのが現実です。


多くの物事に言えることですが、『結果は後からついて来る』ものですよね。

しかも、とってもとっても遅くになって、後からついて来ることが多いものではないでしょうか。

 

どんなことでも最後まで諦めずにやり遂げたとき、自分の求めている結果が手に入るものだと私は信じています。


人を不快にさせる人間が周りにいると、本来自分のやろうとしていることのパフォーマンスは間違いなく下がります。 

 

しかしながら、どんな状況にあってもそこから逃げずに行動をし、努力を続けて行くことで自分の未来が変わることを信じ、私はこれからもがんばっていこうと思います。

 

全国のお辛い状況にある方、不条理な環境に置かれている方、お互いがんばりましょうね♪

悩んだ分だけ人に優しくなれるので、あなたの未来は明るいですよ☆