婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

本当にモテる男性と“とにかく女性にモテたくて仕方のない男性”の特徴と違い

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

世の中には“本当にモテる男性”と“とにかく女性にモテたくて仕方のない男性”がいるようです。本日はこのことについて、最近の出来事から、私が感じたことをあるがままに書いていこうと思います。


私がこれまでに出会った男性の中で「この彼ほどモテる男性を見たことがない」という人がいます。

 

その彼の年齢は現在40代後半でして、なんと!驚きなことに、小学生のころから彼女らしき存在の女性がいたようです。彼の容姿はジャニーズ系でオーラがあり、性格は優しく、私はこの男性と10年来の付き合いになりますが、これまでこの彼が人の悪口を言っているのを一度も聞いたことがありません。

 

興味があってこの彼に過去にどのくらいモテたのかを聞いてみたところ、彼は特に自慢気な様子はなく、ただ過去の出来事として普通に次のように私に教えてくれました。

 

まず、中学のころは、学校内で彼のファンクラブらしきものがあったそうです。学校に行くとほかのクラスの女の子からサインをねだられたり、交換日記の希望が毎週のようにあったそうです。そして、家に帰宅すると、彼と話したい色々な女の子から自宅に電話がかかってくるのだそうです。

学校の靴箱には頻繁にラブレター、バレンタインデーの日には一日では持ち帰れないほどのチョコレートをもらったということです。

 

さらに、高校時代には通学途中に彼を好きな女子からのラブレター、そして、他校からわざわざ彼を見るために“追っかけ”のようなものまであったようです。

 

“本当にモテる男性”は自慢話をまったくしない

話は少し変わりますが、以前に私が婚活で好きになった『ストイックな彼』にも同じようなオーラを感じたため、私は彼に尋ねてみたことがあります。

 

突然、ストイックな彼に「モテた?」と聞いてみたところ、「中学のころはモテかなぁ...」と控えめな様子で彼は言いました。恐らく、ストイックな彼も前述のジャニーズ系の彼と同じような時代を過ごしたことはそのオーラから感じ取れたのですが、このような男性たちの口からは、自慢話というものが一切出てくることがありません。

 

女性からモテることが当たり前になり過ぎて、彼らの中ではそんなことなどどうでもよいのだと思います。私は面白くていつだったかストイックな彼に“自慢話を言わせてみたくなり”、色々と質問をしてみたことがありました。

 

私「ねぇ、ゴルフは上手い?」

ストイックな彼「そんなことないよ、歴が長いだけだよ。」

私「会社での仕事は責任重大なの?」

ストイックな彼「そうだねぇ、年齢的にもそうかなぁ...」

 

とにかく“本当にモテる男性”というのは、常に謙虚で自慢話をしないものです。また、これまでのことで自分自身が満たされているため、その自信が“オーラ”となってこちらには伝わってくるのだと思います。 

 

彼らの共通点は以下になると思います。

①容姿が普通にカッコいい

②女性と自然体で会話ができる

③女性の嫌がることをしない

④自慢話をしない 

これが、“とにかく女性にモテたくて仕方のない男性”となると、ゴルフのスコアはどうであるとか、役職はどうで自分の年収がいかに高いであるとか、待っていましたといわんばかりにそんな話が延々と続くものです。 

スポンサーリンク

?

“とにかく女性にモテたくて仕方のない男性”に気をつけましょう

しかしながら、世の中には、先の①~④の要素をどれもこれも兼ね備えていないのに、どうしても女性にモテたくて仕方がなく、その虚栄心を満たすことに躍起になっている男性が存在するようです。

 

女性から本当にモテる男性というのは、先のジャニーズ系の男性のように自らが能動的に動かずにいとも簡単に女性のハートをキャッチしているものですが、“とにかく女性にモテたくて仕方のない男性”の場合は、当然のことながら自分で積極的に動くしかありません。


また、その方法としてなのですが、①~④の要素が備わっていないことが多いため、自慢話を頻繁に駆使しながら積極的に数をこなすことで、女性のハートを射止めるしかないのです。

 

そして、そんなことをたびたび繰り返し、自分のことを「俺ってモテるな~」とひとりで勘違いしているのかも知れません。女性と真剣に交際をする考えはないのに、不特定多数の女性に思わせぶりなことをして“自家製なるモテる自分”を製造し、そんな自分に完全に酔いしれている男性...。

 

そのような男性が、実はこの“はてなブログ界隈”に存在しているようなのです。独身女性の皆さま、ご注意ください!

 

なにがあったのか、次回より詳しく書いていこうと思います。