婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

お人柄の素晴らしい婦人科の名医に出会うことができました

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

今年の一月に子宮筋腫が発覚して以来、かなりの時間を費やし、病気のことや手術の方法、病院選びについて情報収集を行っていたのですが、本日ようやく自分が納得のできる医師に巡り合うことができました。


患者と一度も目を合わせない大学病院の女医、電話によるセカンドオピニオンでの醜いドクハラを経験したからこそ、今回の医師とのやり取りが満足のいく内容過ぎて、なんの迷いもなく手術をお願いする運びとなりました。

net-star.hatenablog.com

net-star.hatenablog.com

 

病院探しに難航しそうな私でしたが、立て続けに嫌な思いをしたことにより、今度は病院ではなく医師自体のお人柄について書かれているブログや情報を調べていました。その中で、腕やお人柄について間違いのなさそうな医師が見つかり、今回運よく2件目の病院で手術を決断することができました。

 

人との出会いは第一印象が大事ですね

今回の医師も名医と呼ばれている方になりますが、先日の記事のドクハラ医師とはまったくもって大違いでした。しかも、前回のドクハラ医師とは年齢も経歴もそれほど変わらないと思います。

 

待合室で待っている最中、診察室の中から今回の医師の声が聞こえてきたのですが、優しそうで穏やかなお人柄が伝わって来てすぐに今回は大丈夫だろうなと思いました。

そして、私の名前が呼ばれ、診察室に入った瞬間、その医師より「○○さん(私の苗字)、はじめまして。●●(医師の苗字)です。この度はどうぞよろしくお願いいたします。」と言われ、やはり間違いないな!とテンションが上がりました。 


そして、事前にこちらから提出していたMRIの検査画像を見ながら、今回の医師はこちらが何も言わなくても、私の要望を驚くほどよく理解しているようでした。


つまり、この年齢になっても、私は身体にはできるだけ傷跡を残したくないですし、できるならば、術後に痛いと言われている開腹手術を選択したくありませんでした。 

しかしながら、発言小町のサイトでのレスにもあった「わざわざ美容の観点から、その年齢で腹腔鏡手術を輸血のリスクを取ってまでやることなのか...」については私自身とても気になっていました。

私が投稿したトピになります↓

子宮筋腫の手術のことで医師から醜い言動を受けました : 心や体の悩み : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

そうしたところ、今回の医師より、輸血の心配のない手術の方法があるとのことで、腹腔鏡+小切開(だったかな!?)、そのような方法でそれほど時間もかからずに手術をしていただけることになり、まさしく私の求めていた内容でしたので、本当によかったなぁと思います。 

 

発言小町などのサイトでは40代の女性の立場からなにかを発言しただけで、すぐに叩かれてしまう傾向にあるようでして、先日私が立てたトピもすでに閉じてしまいましたが、本日の素晴らしい医師との出会いについて書きたかったですね。

余談ですが、あのようなサイトでは「40代で婚活をしている女性ですが、いい男性がいなくて...」な~んてトピを立てたときには、とんでもない批判レスの猛攻撃に遭ってしまうようです。お気をつけくださいね!

 

スポンサーリンク
 

 

なにごとも諦めずになのでしょうね

今回の医師との出会いのように、婚活でもこの人だ!と思える男性と出会うことができれば、私は恐らくすぐにわかるだろうなと思います。

 

今回の医師探しにおいては、連日連夜、ネットで情報収集を行っていて、調べ事は得意な方だと思っていますが、結婚相手はいったいどうやって見つけるのがよいのでしょうかね...。

 

婚活サイトで同じようなことをしたところで、ロクなことにならないのはすでに経験済みですし、最近は同世代の婚活中の女性の方々より当ブログへの共感のメールやコメントをいただく機会が増えました。

ホントにあちらでも、こちらでも、うんざりな出会いに遭遇してしまっている女性が多いことが身に染みてよくわかりました。

 

しかしながら、全国の婚活中の女性の皆さまと同じで、私もまだ諦めるわけにはいきません。私の同僚の妹さん(46歳)が先日入籍をされましたので、機会がありましたら、詳細について書いてみますね。