婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

結婚に迷いが生じ、決断できずに悩んでいる方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

ここ最近は女性の方からの読者登録が増え、ブログを読ませていただくと恋愛や結婚についてお悩みの方が多いと感じています。

そこで、本日は40代での婚活に苦戦中の私から、そのような方々に向けて私なりの考えを書いてみたいと思います。

 

まず先に大前提としてなのですが、今から述べることはあくまでも私の考えになります。というのも、悩みごとが発生した場合、本来人間というのは身近な人への相談や解決策を探し求めることが多いと思いますが、実はその答えというのは自分の中で決まっていることがほとんどなのだそうです。

このことを踏まえまして、私が自分の離婚経験より学んだことを今から書いていきますので、ご参考程度にでもお読みいただけると幸いです。

 

普通なら別れるよね!?という状況で結婚をしたおバカな私でした

私が結婚を決めたとき、元夫のことを性格以外はパーフェクトな人だなぁと思っていました。若気の至りとでもいいましょうか、肝心な性格を除けば...といった状況であったのに、このことの深刻さがまるでわかっていませんでした。

 

私は元夫に対し、日ごろから「この人は私に醜いことをする人だなぁ、冷たいところがあるなぁ、ストレスが溜まってくるとどうしてそんなに私に暴言を吐くのかな...」と結構な頻度で思っていました。

 

事実、身内を含め、私の結婚について賛成をする人はほぼゼロに近い状況でした。

 

元夫の尊敬できるところは、「仕事に一生懸命なところ、努力家なところ(対象は仕事のみ)、高みを目指す気質を持っているところ」でした。恐らく、このような性質を持った男性が私の好きなタイプなのかも知れません。そして、彼自身の真面目な性格が自分に合っていると感じていました。

 

私は結婚の話が出たとき、彼の性格のことで悩みましたが、彼から言われたある一言がきっかけとなり、彼と結婚をすることに決めました。

 

大切なのはプロポーズの言葉ではなく、今日までの彼の言動です

その一言というのが、次の内容でした。

「俺は真面目だから、結婚したらいい夫になると思うよ。仕事でも責任感があるから、結婚となると、男として風子を幸せにしないわけがない。」

まだ20代で世間知らずの私でしたので、彼からのこの言葉に自分が妙に納得したのを今でも覚えています。


結婚さえすれば、私は幸せになり、ふたりはうまくいくものだと思っていましたし、当時の自分はそう信じたかったのだと思います。人の性格なんてそう簡単に変わるものではないのに、私は結婚というマジックがこの世の中に存在するものだと思っていました。

 

結婚で自分の人生の空虚感を満たそうとしていた私

これは私の生育歴が多分に関係しているものと思いますが、当時の私は結婚というのは条件でするものだという強い信念を持っていました。

 

こちらのブログで詳細を書くことは今後もありませんが、私は生い立ちからはじまり、かなりの波乱に満ちた人生を歩んでいるようです。自分ではそう思いたくないのが現実ですが、婚活で出会った何人かの男性にこのことについて説明をしたところ、彼らの反応に困る様子が現実を物語っていました。


そのような背景もあり、私はこれまでに歩んで来た環境の中では「どうもがいても手に入れられなかったもの」を、結婚で手に入れようとしていました。夫に自分の人生を託そうとしていたバカな女だったと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

また、これと同じようなことが現実でも起こっていますよね。女性が男性の年収を重要視するのは、自分でお金を稼ぐことができないから、その分の稼ぎまでを結婚相手に求めているのだと私は思います。

 

そして、そういったことにばかり固執してしまうと、最も重要視すべきである「お相手との性格の相性やお人柄」を軽視してしまうことになりかねません。 

 

私の場合は、軽視どころか、結婚したら彼は変わってくれるのだから...などと楽しみにしていたくらいでした。今思えば、かなりの幸せ者ですよね...。

 

結婚したからといって紙切れ一枚では変わらないのが現実

人間には本来生まれ持った性格というものが備わっているため、入籍をした途端にお相手の男性の性格が急激によくなったり、女性を大切に扱うお人柄に変わるといったことはまずありません。


自分のことも含めて考えてみるとわかりやすいと思うのですが、人の性格ってそう簡単には変わらないと思います。


「あの人は丸くなったよね」というような会話がありますが、このようなことは還暦を迎えるような男性に向かって言われることの多い言葉だと思いませんか?

そして、結婚生活において、還暦近くにもなって夫のお人柄が変わったところで、その頃にはもう遅いのではないでしょうか。

 

私の結婚生活では、元夫の性格が改善されるどころか、以前にも増して私のことを怒鳴ったり、醜い言動が増えていきました。結婚後、我に返り、「やっちまったぁ...」という状況に陥ったのは言うまでもありません。 

 

自分の考え方や受け止め方を変えることについて

彼との関係を継続させるために、自分の考え方や受け止め方を変えてみようといった考えに至ることもあると思います。

 

このことで一時的には問題が解決できたかのように思うかも知れませんが、自分に無理をすることなく考え方や受け止め方を変えることができていますか。そのことで、自分ばかりが我慢をしたり、心が辛くなったりはしていないでしょうか。


先にも書きましたが、人間には生まれ持った性格がありますので、その彼との関係を継続させるためだけに自分の考え方を変えるのだとしたら、そのことに苦しみが伴っていませんかって私は思うのです。

 

 

この先も永続的にその考え方を続けて行かなければその彼とはうまくいかないのだとしたら、そのようなことをしている自分は本当に幸せなのでしょうか。

 


周りで幸せそうにしている既婚者の女性に質問をしてみるとよくわかりますが、やはり性格が穏やかで、自分に合った男性を夫にしている方がほとんどです。幸せな奥様方の口からは揃って「夫はいい人、優しい人」といった言葉が出てきます。

 

自分の考え方を変える努力をしたり、我慢する必要のない人を探した方が幸せになれるのではと私は思います。40代になり婚活に悪戦苦闘中の私ですが、こちらのブログで「お人柄、お人柄」と連呼している理由が少しは伝わりましたでしょうか。 

 

今のお相手と別れた方がよいのでは...といった流れになってしまいましたが、そうではありませんので、また次回の記事で続きを書こうと思います。