婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

生理的に無理な男性と結婚をして後悔しないために

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

以前に私が書いた記事『結婚相談所で現実が悲しくなり、泣いてしまいました』について、ゆりぼうさんがとてもためになる記事を書いてくださいました。

start-mylife.hatenablog.com 

最近の私にとってはうってつけの内容でしたので、ゆりぼうさん、この度は私の記事を言及してくださり、本当にありがとうございました。

 

結婚相談所では大人気もなく泣いてしまった私ですが、ゆりぼうさんの記事を読ませていただき、やはりこれ以上、興味の湧かない男性のことを無理に好きになるだなんて、私には到底無理だなぁと思いました。

 

記事を引用させていただきながら、私が感じたことを書いていきますね。 

①パッと見の印象

 

これは、例えば「不潔そう」「太っていて気持ち悪い」

「みすぼらしい」など、まさに上記で出てきたものです。

 

一番わかりやすいタイプの「ムリ」だと言えます。

 

この感覚は、女性→男性というよりは、
わりと男女共通で「ムリ」と思うことが多いのではないでしょうか。

 

今思えばですが、お相手の男性のパッと見というのはかなり重要な要素であることに気がつきました。先日から書いている「ストイックな彼」やほかにも私がいいなぁと思った「95点の彼」、そして、元夫や元カレもそうなのですが、全員の容姿に共通している点があるのですよね。

 

それは、どの男性もなのですが、「色白で目が細い」ということです。

 

そして、私は彼らとは初対面のときから「一緒にいてすごく楽しい!」という気持ちになっていて、特にこれといって意識することなく自然とお相手のことを好きになっていたと思います。


ということは、つまり、私は無意識的に自分の好みの容姿の男性を好きになっているということになるのだと思います。

 

それに、結婚したら嫌でも相手の顔を毎日見ることになるのだから、お相手が自分の好きな容姿であることに越したことはないですよね。

 

 

②蓄積された記憶・経験からの印象


すごく手っ取り早く説明すると、

「嫌な思い出がある元恋人」とか「家族の嫌な部分」

など、目の前の人の行動や仕草、雰囲気が重なったときに感じるものです。

 

「家族の嫌な部分」、これも私には思い当たるふしがありますね。

私の場合、自分の親が浪費家であったり頭が悪すぎて本当に嫌な思いをして来ましたので、似たような性質を持った方を日常や婚活では避けるようにしていると思います。

これまでの嫌なことを思い出してしまうのというのもありますが、そのような人と一緒にいても未来がなさそうですしね。


よって、初対面で自分のタイプではない男性、一緒にいてつまらない男性とは何度お会いしても時間の無駄になるだけですので、今後もすぐにお断りが得策ということになるでしょう。結婚相談所のカウンセラーさんが言っていた、お人柄だけで人を好きになるだなんて、私としてはホントに冗談じゃないと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

結婚相談所でのスピード婚について思うこと

それと、私が結婚相談所に入会をしなかった理由のひとつに相談所の「三ヶ月ルール」のことが挙げられます。これは、婚活をしている方ならご存知かと思いますが、お相手の男性と交際がはじまった場合、どこの結婚相談所でも「三ヶ月」で結婚をするかどうかの答えを出さなければなりません。

 

これを、成婚退会というのですが、これによりその時点で男性も女性もそれぞれ相談所に高額な成婚料を支払わなければなりません。金額にすると、男女それぞれ20万円前後のところが多いようです。

 

私はこの三ヶ月でお相手の男性との相性を見極め、結婚を決断するという点がどうしても腑に落ちませんでした。また、現実でも結婚相談所を通じて結婚に至り、スピード離婚した人を3名知っています。 

・以前の職場の上司:交際から半年で結婚し、半年後に離婚

・婚活パーティーで会話した男性:交際から半年で結婚し、2ヶ月で離婚

・婚活サイトでやり取りをした男性:交際期間は不明だが、女性の財産目当てが発覚し、2ヶ月で離婚


上記の例からもわかるように、「三ヶ月で結婚の決断を」といった結婚相談所のやり方は、どことなく無理があるような気がして、スピード離婚へと繋がる可能性があることを考えなければならないと感じました。

 

そして、本日の本題ですが、婚活でいい男性がいないからといって、生理的に無理な男性を無理に好きになる必要はないということです。そうやっておかしな妥協をするくらいなら、ひとりで好きなように生きていた方がまだ幸せではないでしょうか。そして、そのような妥協のない生き方を選択することで、婚活に限らず、自分にとって相応しい人との出会いが増えるものだと私は思います。