婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

婚活中の方、バツ2男には気を付けましょうね

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

数日前のことですが、離婚後にお付合いをした7歳年下の元カレから、近々、離婚する予定とのメールが来ました。しかも、今回で2回目なので、彼は34歳にしてバツ2決定です。

当時の私ですが、彼とは2年ほど一緒に住んでいました。ただ籍を入れていないだけで、事実上結婚していたようなものです。私のことも含めると、彼はこの10年の間にバツ3とも言えるのではないかなぁと感じました。

本日のブログですが、恥を忍んで当時の彼とのことを書いていこうと思います。

 

おかしいものは『本当におかしい』と認識しよう

実はこの彼なのですが、当時からちょっとしたおかしな『癖(へき)』があるように感じていました。性癖とは違うのですが、私からしたらもう本当に「やめてくださ~い!」というようなことを人前で平気でするのです。

 

この彼とは、私が31歳、彼が24歳の時に仕事を通じて出会い、お付合いがはじまりました。

当時の私にしてみれば、彼が若すぎて、いつも自分の年齢のことが気になっていました。さらに、彼の外見ですが、10代と言ってもおかしくないほど若く見える人でしたので、私は外を一緒に歩くだけで人目をとても気にしていました。

「年齢差がありすぎて、周りからどう思われているんだろう...」とか「もしや、母親と息子の関係に思われていないだろうか...」などとひとりで考えたりもしていました。

 

そして、私が彼との年齢差のことを気にしていることを彼はわかっていました。 


それなのにですよ...。

 

そのような状況の中、彼は人混みや横断歩道でふたりで信号を待っている時などに、わざと大きな声で周りに聞こえるように「風子、可愛いね~」と何度も何度も繰り返すのです。辺り一面に聞こえるような声でわざと「風子、マジで可愛いね~」を連発するのです。

 

そして、そのことを嫌がったり、恥ずかしそうにしている私の様子を見て、彼はいつも笑っていました。


公衆の面前で、自分の彼女が慌てて困り出す様子を見て、快楽を味わうかのように楽しんでいる男...


かなり、ヤバいと思いませんか?


当時の私はそのことが恥ずかしいやら、辛すぎるやらで、何度もやめてほしいとお願いをしたのですが、その後も彼はやめる気配はありませんでした。


最終的にこの彼とはこれ以外にも嫌だなぁと思うことが色々とあり、最後は彼に気づかれないように夜逃げ状態でお別れをしました。

 

スポンサーリンク
 

 

バツ2男は同じことを繰り返す

この元カレですが、私と別れた後も内容は違えど、その後に付き合った彼女や奥さんに同じようなことをしていたと思います。

 

女性と付き合うことや結婚することが特技とでも言えるくらいの元カレでしたので、私と一緒に住んでいる時も、ほかの女性と会ったり、浮気をしている気配を感じたこともありました。

 

それでも、当時の私は、「相手のよいところを見るようにしよう」と前向きな考えで過ごしていました。


しかしながら、相手のよいところを見るようにしたところで、大前提として「相手の嫌な部分によって自分を不幸にさせる現実」があるのだとしたら、そこに幸せはないのだと思います。

 

私には離婚暦があるのでこの彼とは結婚に至らずに済みましたが、初婚に向けて婚活中の女性の皆さま、バツ2男には気を付けましょうね。

お相手のよいところに目を向けるのはよいことですが、お相手の悪いところや欠点についてもじっくりと冷静に考えてみることが大事です。こちらのブログでも何度か書いていますが、人はそう簡単には変わらない生き物です。

以前の結婚から学んだことですが、相手の許しがたい悪いところや欠点というのは結婚してからさらに悪化する可能性が否定できないと感じています。 

net-star.hatenablog.com

 

さらにですね、以前の記事にある占いのことを書いたのですが、この占い師の方がこの元カレのことを「この人は人生で何回も離婚を繰り返す人なので、絶対にやめた方がいい」と言っていました。元カレはこの先あと何回離婚するのでしょうね...。

net-star.hatenablog.com 

私はこの占い師の方から「この先、婚活をしなくても自然に出会いがあって、その男性のことが間違いないと感じたら、私に相談に来なくてもよいので結婚しなさい。」と言われています。しかも、この占いですが、これまでにも何度も大当たりしているんです。また、2020年の入籍がベストとも言われていて、東京オリンピックの年になんと素敵なことなのでしょう...と今からとても楽しみなのですよね☆彡