婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

育った環境が似ている彼との会話に出だし好調かな!?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

昨日のブログの続き、『シャッフルの彼』とのことについて書いて行きたいと思います。

 

この彼とはじめて会ったのは、昨日のブログにも書きましたが、クリスマス・イヴの日でした。私が利用していた婚活サイトは、こちらが写真を登録しなければお相手の写真も見ることができないシステムのため、待ち合わせ場所に着いた私はメッセージで伝えられた服装などの情報を頼りに彼を探していました。

 

それらしき男性が何人かいた中で、たぶんこの男性かな...と思いこちらから話しかけると、やはりシャッフルの彼でした。


彼の第一印象ですが、う~ん、自分のタイプではないけれど、優しそうな人かな...。モテそうなタイプとかではないけれど、3秒ルールで絶対に無理という感情も発生しませんでした。というのも、当時はまだ婚活暦が浅かったため、容姿がタイプでない男性のことを好きになるのが難しいことを自分でもまだよくわかっていなかったのです。 


婚活の場では、職場等での出会いと違って、お相手に対し「好きという感情」を発生させることが本当に難しいです。

 

スポンサーリンク
 

 


シャッフルの彼とは、事前にふたりで決めていたカフェに入り、早速会話がスタートしました。

その時の彼の印象なのですが、初対面なのにとても話しやすい人だなぁってすぐに思いました。同時にきっといい人なんだろうなぁとも感じました。お互いに家庭環境のことでこれまで辛い思いをして来たことなど、話が尽きることなく、前からの知り合いのような感じで時間が過ぎて行きました。

 


なんといいますか、経験した者同士でなければわかり合えない辛さってあると思うんですね。それがこの彼とは分かち合える間柄になれそうな気がしていました。

 

まったく気持ちを分かち合えないこのような男性も過去にはいました↓

net-star.hatenablog.com 


そして、話がかなり盛り上がった結果、彼は私にこれまでの辛かったことを色々話してくれたのですが、そこで、私は彼のことが可哀想になってしまい、なんと!その場で泣いてしまいました。その私の様子を店内のスタッフや近くの席の利用客が見ていたのですが、そんなことはおかまいなしに泣き続けていた私でした...。


こちらのブログでは連日のように悪口のオンパレードの私ですが、リアル社会では非常に涙もろい人間なんです...。