婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

婚活で生理的に無理なのにお断りをして来なかった理由...

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

連日より書いております「待ち伏せの彼」とのことについて読み返してみると、一体、私は何をしていたんだろう...と書いていて憂鬱になって来てしまいました。

そこで本日は、待ち伏せの彼との3回目のデートについて書く前に、なぜそこまでの状況になっているのに私はお断りをせずにいたのか...ということについて書いて行きたいと思います。


昨年の1月から婚活をはじめ、昨年の私は「今年中に結婚するぞ!」と思っていました。婚活をはじめた当初は、「私は婚活をしているのだから、そのうちいい人に出会って結婚できるんだろうなぁ...」と思っていました。

そして、その願いは叶わぬまま年が変わり、今年に入ってからの私は今度こそは「年内に結婚するぞ!」と意気込んでいました。


ところが、婚活を通じて、これまでにお付合いをしたような「ごく標準的な男性」を見つけるのは至難の業であることがわかりました。

沢山の男性の方とお会いしましたが、私が希望しているような男性はほぼいらっしゃらず、「40代の婚姻率1%未満」の言葉の重さを身をもって体感しました。

 


そこで...。

 

結婚相談所が発信するコラムなどでは、「婚活と恋愛はまったくの別モノだから、婚活の場合は結婚してから相手のことを好きになればいい」みたいなことが書かれていますよね。今にしてみれば、何を都合のいいこと書いているんですかぁって感じなのですが...。

 

このような情報を見るにつれ、自分はもうこの歳だし、素敵な男性に出会うのはもう無理なのではないかと思うようになり、ここは無理をしてでも、様子見でお相手の方と何度か会ってみた方がいいのではないか...という考えになってしまったのですよね。

 

そして、そこから以前にも増してストレスと葛藤の日々がはじまり、うまく行くのかと思いきや...。


スポンサーリンク

 

 

 

結果的に、お一人の男性と付き合うことになったものの1日で終了、また、ほかの男性とも付き合うことになったけれど4日で終了(笑)とかこんなことばかりを繰り返していて、やっぱり妥協は無理だよなぁ...という現実を思い知ったのです。

 


当時の私ですが、お相手の男性に対する「生理的に受け付けない感情」が大いに発生しているにも関わらず、会うことを続けていたため、そんなことまでして婚活をしている自分への苛立ちが半端なかったです。

 


そして、最終的に、私自身は年齢的なこともありどうしても早く結婚したかったのですが、期間を決めて婚活をしたところで、焦ってロクなことにならないということを悟りました。

 

net-star.hatenablog.com 


現在は非常に冷めた考えに達してしまい、婚活を通して自分がいいなぁって思える男性に出会えることは、難しいかなと感じています。私はお相手の条件にはそれほどこだわっていないのですが、40代の私がいいなぁって思う男性は恐らく30代の女性を対象にする方がほとんどだと思います。現実的に考えてみても、私が男性ならそうすると思うんですよね。


40代での婚活で出会う男性となると、もうあちこちでお断りされ続けている男性しかいないように感じていまして、もう期待もしていないですし、期待すればするほど疲れてしまうことがわかりました。

 

よほどの運がない限りきっとこのままだと思いますので、ここでの打開策としては、出会う場所を変える、または、以前のブログにも書いたのですが1000人くらいの男性に会うくらいの気持ちで努力をして行かなければ、難しいのかも知れません。 

決して諦めているわけではありませんので、ほかに何かよい方法が見つかりましたら、また書いてみたいと思います。