婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

婚活を開始して以来「生理的に受け付けない感情」がマックスに!

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

本日も遠方の彼との続きについてどんどん書いて行きたいと思います。

 

カフェで1時間半くらい会話をした後、お腹が空いたので、どこかでご飯を食べようというお話になりました。

 

その時、とても大人しくて口数の少ない彼からある発表が...。なんで今言うの!?という内容なのですが、彼は言いにくそうに口を開きました。

 


「後出しになってしまうのですが、僕、肉がまったく食べれないんです。」


さらに...


「肉以外にも食べれないものが色々とあるんです。」 

 


彼は婚活サイトのプロフィールも5行くらいしか書いていませんでしたが、「偏食です」とか書くことはできなかったものでしょうか...。こちらが気分を害するほどのペースであれだけメールを送って来ていたのですから、プロフィールを考える時間もたっぷりとあったはずです。 

 

それに、食べ物の好き嫌いが多い男性は、料理が大変なことを考えると私の場合は即効パスですし、何よりそんな不健康そうな男性と結婚したくありません。遠方の彼も、風が吹けばどこかへ飛んで行きそうな体型でしたし、肉を食べないことが関係しているかどうかわかりませんが、メンタルがとても弱そうでした。

 

そもそものところで、偏食であれ、ベジタリアンであれ、お会いしてから自分のマイナス面を覆せるほど魅力のある男性でしたら、後出しでもそのマイナス面が許されるケースはあるでしょう。しかしながら、お世辞にも魅力があるとは言えない遠方の彼に、「同じことをしても、許される人とそうでない人がいること」を私は教えてあげたかったです。「もういい加減にして~!」となってしまいましたから。 

 

スポンサーリンク
 

 

この彼に対し、メッセージのやり取りの中で大事なことを言って来ない点についてさらに嫌だなぁ...と思いました。仮に素敵な男性とのお見合いであったとしても、私はこの後出しの件を不誠実に思い、最終的にお断りをすることになっていたと思います。このようなことをする男性は、後からほかにも色々と出て来そうですし、小さな裏切りとはいえ、自分でしたら相手のことを考え事前にお伝えすると思うんですよね。 

 


カフェを後にし、食事のお店を探すことにしたのですが、ここでもまた腹立たしいことが発生しました。お店を探しながら、私は遠方の彼から50cmくらい離れた隣を歩いていたのですが...。

 


人混みの中、彼は前を向いて歩けばいいのに、今度は私の横からお酒に酔ったイノシシみたいな顔で(相当気持ち悪かったです)、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと私の顔を覗き込むように見て来て、本当に本当に嫌な気分になりました。

 

この時点で、彼への生理的に受け付けない感情は、婚活はじまって以来、マックスに到達してしまいました。

 


そして、私の体調も気分も次第に厳しい状態へとシフトして行くのでした...。