婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

彼から初の話題提供があるも、幼稚すぎて婚活ならでは...

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

昨日のブログでは、遠方の彼と2軒目のお店でご飯を食べたところまで書きましたが、実はまだ続きがありますので、書いて行きますね。

 

私はだんだんと体調が悪くなりはじめていたため、自分からはあまり話さない状況が続いていたのですが、そうしていたところ、突然、遠方の彼が私に言いました。


「僕、ちょっと思ったことがあるんですけど...。今回、風子さんから事前に携帯の連絡先を教えてもらいましたよね。僕、ビックリしたんですが、サイトで出会った男性に連絡先を簡単に教えない方がいいですよ。」

 

 

私は彼にどうしてですかぁって聞いたのですが、その答えにドン引きです...。

 


「例えば別の男性が風子さんとこうやってお見合いをして、この後にお断りをされたとするじゃないですかぁ?その後にその男性が逆上して、風子さんのアドレスをどこかに売ったりする可能性も考えられると思います。女の子のアドレスならけっこう高く売れるんじゃないかな...。」

 

 

(何?私からのお断りを察した彼からの脅しかしら...)

(それとも、そんなことを言って、いい人アピールでもしたかったのかしら!?)

 

 

私は瞬時にカチンと来て(あくまでも心の中で)、47にもなって彼女もまともにいたことのない冴えない男が何を言うかな!?ふざけるのもおよし!とデヴィ夫人風に激高していました。

 


ちなみに、私のアドレスですが、携帯に登録しているアドレス以外からのメールは受信できない設定にしているため、私のアドレスを売られようが何されようがまったくもって問題はありません。


そんなことより、そんな発想をする彼がますます嫌になってしまい、また考えていることもちょっと幼稚だな...と感じました。


その状況に比例するかのように、私の体調もどんどん悪くなって行き、一刻も早く帰りたい気持ちでいっぱいでした。

 


しかしながら、彼の帰りの飛行機までは、まだ時間が数時間ありました。


遠方から飛行機でわざわざこのお見合いのためだけに来ていただいたことを考えると、ここは最後まで大人の対応をせねば...となっていた私でした。

そこで、私は2軒目のお店を出て、遠方の彼と別なカフェに向かうことにしました。 


この時点でお会いしてから4時間以上が経過していて、まだ寒い時期でしたので、私は悪寒を感じ、体力的にもかなり限界に近づいていました。

 

スポンサーリンク
 

 


3軒目のカフェでは、やはり彼からの話題の提供はほぼ皆無で、1時間ほど一緒にいましたが、ほぼ無言状態でした。傍から見れば、二人とも何も話さず、相当おかしな状況であったと思います。

 

にも関わらず、この1時間の間も、遠方の彼は私の顔をずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと見続けて来て、私は本当に嫌になってしまい、顔を見られないように下ばかり向いていました。

 

 

自分からは話さないのに、人の顔をこれほどまで見て来る人に出会うのも、私の人生ではこの彼が最初で最後かなと思います。もう二度と嫌ですけどね...。

 


しかしながら、これが私のタイプの素敵な男性にされるのでしたら、体調も快方へと向かってしまうと思うのですけどね...。素敵な男性からでしたら、そんなに見つめられると嬉しくて仕方がないです♡

ですが、相手は遠方の彼ですので、余計に体調を悪化させてしまい、現に私は次の日とその翌日も風邪をこじらせ、会社をお休みすることになりました。 


最終的に遠方の彼には、お会いした翌日にメールでお断りをしたのですが、彼からの返信はありませんでした。本当に最後の最後まで残念な方だと思いますが、それが彼の器なのでしょうね...。婚活をしていると、同じようなことをする男性が結構な割合でいらっしゃいます。

以下の記事に詳細を書きました。 ↓

net-star.hatenablog.com


とにかく、40代の婚活ではこのような残念な男性ばかりでストレスが半端ないのです~(涙...)

明日は、この遠方の彼とのまとめについて書いてみたいと思います。