婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

婚活疲れの予兆となるテンションガタ落ちのやり取り

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

昨日の続きを書いて行きたいと思います。


私たちは歩いてお店を探し、お洒落な洋食屋さんがあったので、そのお店でご飯を食べることにしました。

 

すでにこの時点での私は体調も悪化しはじめていたため、ご飯を食べている間は、あまり会話をしませんでした。


私は彼に対するテンションも下がりまくりの状態でしたので、これ以上話すのも面倒になり、「会ってからたくさん話し過ぎて、話すことがなくなってしまいました。私、しゃべり過ぎでしたね!?」と言いました。

 

そしたら...。


「僕はたくさん話してくれる人の方が、自分が楽でいいです。」


(ふざけるな~、こっちは具合悪いんだから、しゃべってくれ~。)

 


そうしたら、その空気から何かを察したのか、遠方の彼は言いました。

 

彼「今後、僕たちはどうしますか?」

 

私「それって、どういう意味ですか?」

 

彼「メールだけでも僕と続けてもらえるのでしょうか?」

 


詳しく聞いてみると、メールでのやり取りをしながら、遠距離でのお付合いをしたいということでした。


彼は、少し前まで、同じ婚活サイトで出会った女性とも同じような感じでやり取りが続いていたそうです。

しかも、その関係と言うのは、2年間メールでのやり取りがほとんどで、遠方の彼の自宅にその彼女が遊びに来たのはその2年間のうち1回だけ、数時間のみだったそうです。

 

彼はその女性のことを「前の彼女」と呼んでいましたが、それって付き合ってるって言うの~?中距離での恋愛だったみたいなのですが、いい大人が2年もの間、しかもメールもたまにしか来ない関係...。どう考えても付き合ってるって言わないんじゃないかな!? 

彼曰くその彼女と少し前に別れたので、婚活を再開したのだそうです。 


スポンサーリンク
 


さらに、色々と話を聞いて行くと、どうやら彼の居住地では登録している女性の人数が少ないこともあり、ほとんどの女性からはすでにお断りをされているため、お申込みできる女性がたまにしかいないのだそうです。なるほどねぇ、だから、これほど距離があるというのに、わざわざ飛行機で参上!ということだったのですね...。

 

そして、やはり遠方の彼もですが、手あたり次第、色んな女性にお申込みをしているようでした。「メッセージ交換くらいしてくれたっていいのに...」と彼は言っていましたが、この彼もやっぱりわかってないですよね...。

このわかっていないところが、魅力のある男性との違いだと思います。素敵な男性はやはり女性を選んでいます。私の周りでも、モテる男性は自分のタイプの女性以外にはアプローチなどしていないのが現実です。さらに、彼らは女性に嫌われるようなことをしないため、お付合いに発展する可能性も高いのだと思います。 


手当たり次第、相手にしてくれる女性ならもう誰でもいいとなっている男性とは違うんですよね。


ということで、遠方の彼のことをどうやってお断りしようか、だんだんと頭が回らなくなってきている状況の中、私は考えはじめていました...。