婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

以前の婚活サイトで書いていた日記が出て来ました

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

以前に利用していた婚活サイト内で自分の日記を公開する機能があったのですが、その時に書いていた日記が出て来ましたので、本日のブログに掲載したいと思います。

——————————

楽しいと思うことをやる!2016/2/29 (月) 02:23

日記を書いていますと、たまに私の書いた内容に共感していただき、応援メッセージをいただくことがあります。先日も私の日記が面白いとのメッセージをいただき、こういったことは、今後の更新の励みになりますね。


私は、何かをする際、できることなら楽しくやりたいといった考えが自分の中にあるように思います。決して、ふざけて行うということではありません。


数日前のことになりますが、日本で二人目のノーベル賞を受賞された山中教授に関するテレビ番組を見ました。


食事を作りながら、たまたま見ていただけなので、内容が少し違っているかも知れませんが、書いてみたいと思います。


山中教授、過去長い間、研究者として一貫して同じ分野の研究を続けることにこだわり続けてきましたが、なかなか功績に恵まれず、大変な時代を過ごしていたそうです。

彼自身はどうやら上記のような姿勢が研究者としては評価されると考えていたようです。


そんな中、ある時、日本人初のノーベル賞受賞者である益川敏英氏の講演を聞く機会があり、その講演の中で、研究者としての道を切り開くにはどうすればいいのかといった質問を益川氏にしたところ、次のような回答を得ることになります。

それは、「今、目の前にある楽しいと思ったことをやること」だそうです。

この言葉がきっかけとなり、山中教授は後にノーベル医学・生理学賞を受賞するに至りました。


ここで、私が思うのは、婚活も楽しくやりたいなぁってことです。

発想が短絡的過ぎるかも知れませんが、ノーベル賞を貰うよりも、婚活で結果を出すことの方が遥かに簡単ではないでしょうか。

※ノーベル賞と婚活を比較することは、山中教授に失礼であるといった苦言はご遠慮くださいね。

最後に山中教授の素敵な言葉をご紹介します。

「もっと合理的な生き方が出来たんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そうやって回り道をしたからこそ今の自分があるんじゃないかと思います。」


婚活も回り道をしたっていいではありませんか。うまく行かないことがあっても、なるべくならあまり深刻に考えず、明るく過ごしていた方がいいことが舞い降りてくると思うんですよね。

——————————


今思えばですが、当時は婚活を開始したばかりでしたので、日記の内容も穏やかで明るく前向きですね。まさかここまでの状況になるとは夢にも思っていませんでしたので。さらに、婚活サイトを退会する間際の日記も出て来たのですが、文章が刺々しく、こちらで紹介したら大爆笑されてしまいそうです。いつ掲載しようかしら~!?(笑)