婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

人に見返りを求めるということ

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

婚活のことについて書こうと思ったのですが、時間の関係でほかのことを書きます。

私はどちらかといえば人と比べると、愛情に飢えた人生を送っているのかも知れません。そして、私と同じような人間というのは、これまでに自分が与えてほしかった愛情を自分の周りの人に与えるといった傾向があるように感じています。

 

苦労した人ほど他人に優しいというのも、このことに当てはまっているのではと思います。寂しそうな人、苦しんでいる人、辛そうな人、なにかに悩んでいる人のことを放っておくことができず、つい優しくしてしまうのです。

 

ただし、私はそのようなことをやりすぎないように注意して生活するようにしています。なぜなら、自分と似たような境遇や同じような温度感で生きていない人にとって、これらの行為が重荷であったり、迷惑とさえ感じることがあるからです。

 

そのようなことを日ごろからやり過ぎる傾向にある人がいるのですが、そのような人はこの辺りのことをまったく考えていないようです。そして、なにかあった際に「私はこれだけあなたにやってあげているのに...」といった態度に出ることがあります。

 

正直、ちょっと距離を起きたいかなぁと私は感じるのですよね...。 

 

さらに、その独りよがりな行動を自分では善意と勘違いしているようなのです。よって、他人に見返りを求めた結果、自分の考えや予測から少しでも外れた場合、そのような方は瞬時に立ち去っていくものです。

 

他人との濃い関係を望むということは、他人の欠点をも受け入れることが必要であることがわかっていないのだと思います。

 

自分の独りよがりな憶測で急激に人に接近し、期待外れであったから「さようなら~」では、はじめから濃い関係など望まなければいいのではないかと思います。 

 

スポンサーリンク
 

 

おかしな空気を漂わせている人に注意しています

私の場合は、他人がなにを発言しようと自分の期待から外れようと、人のことをそれほど深く考えていないのかも知れません。それどころか、自分の人生のことで精一杯だというのが正直なところです。

 

人間の直感というのは本当に素晴らしいもので、前述したあるお二方からなのですが「実力のない目立ちたがり屋」のような空気が感じられました。特に一名の方からは、出会って間もない間柄にもかかわらず私に対する失言がありました。その後も様子を見ていたのですが、案の定、偉そうに自分が言ったことを有言実行できていませんでした。その方からはかなりのブレを感じてしまい、やっぱりなぁ...と思いました。

 

波乱万丈な人生を送っている人間は、公の場で自分の激しい気性を露わにしてしまうことがあります。しかしながら、本当の意味で実力のある人は激しい行動などせずして、その存在自体が目立ってしまうものです。彼らは目立つことを最終目標にしていないので、おかしな空気も漂わせていません。

 

そして、私の好きな斉藤ひとりさんが言われていますが、人に見返りを求めている時点で人としてはまだまだなのだそうです。本当にすごい人は、自分が他人にしてあげたことを「わざわざ自分がやってあげた」などと恩着せがましく言わないものなのだそうです。

 

本日のブログの内容を婚活に置き換えてみるならば、結婚は本当に好きになった人としなければ...と改めて感じました。そうでなければ、私はなにかにつけてお相手の男性に見返りを求めてしまいそうです。