婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

自分が思い描いているところに着地できると思います

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

今回の出来事について書きはじめた当初、自分なりに思い描いていたゴールがあったのですが、思いのほか自分の中の葛藤や怒りが静まらず、とても苦しい毎日を送っていました。

 

ところが、ここ数日の間にさまざまな出来事が起こり、なんとか私の心は回復の兆しをみせています。そして、今回の出来事を“自分のさらなる幸せのためのよい経験”として最終的に捉えることができるようになる日が来ると思います。

 


そして、昨日は久しぶりに心から沢山笑いました☆彡

 

 

会社で特に私がなにか特別なことを話したわけではありませんが、上司も同僚も親切で優しい人が多く、私はとても恵まれていると思います。

 

7月に会社で部署が変わり、ここ数ヶ月もの間、自分が品定めのようなことをされているように感じてしまい、辛い状況が続いていました。そこへさらに今回のことが重なり、私は会社で笑顔を見せることがなくなりました。

 

そんな私の様子を私の上司は見ていたのだと思います。

 

ちょうどそのころ、私の上司ら3名から私はこと細かな注意を受けることやうるさいことを言われることがなくなりました。私はその後も黙々と仕事を続けていたのですが、つい最近になり、彼らの私に対する態度がとても優しくなりました。


そして、数日前のことですが、上司から「教えた通りにかなり完璧にできるようになったね」と言われました。この言葉はもちろん嬉しかったのですが、それ以上に嬉しいことがあります。

 

それは、私が苦しそうにもがき苦しんでいるのを私の上司は気づいていて、その間、周りは私にはなにひとつ仕事の要求はせず、静かにずっと見守っていてくれたことです。


生きていると辛いことや悲しいことが起こることもありますが、苦しみながらでも真面目に生きていれば、必ずどこかで自分のことを見てくれている人がいます。

 

スポンサーリンク
?

自分の心が元気になり、そして、誰かのためになれたら...と思います

こちらのブログではこれほどまでのことを書いてしまい、現在の私の姿に落胆された方も多いだろうと思っています。

 

だけれど、私は万人に愛されたり、特に異性からモテたいといった考えがないため、少数派の方々に自分の本当の想いが伝わればそれでいいと思っています。

 

今回の出来事についてですが、当初は当然のことながら他人の目を恐れ、このようなことをブログで公開する考えはありませんでした。


だけれど、なにひとつ自分に非が思い当たらない状況の中、このままの終わり方ではなんだか自分らしくないなぁと思っていました。


ここで大人しくブログを退いても、この先、私の中では納得ができず、今後も“悲しい出来事”として自分の中に残っていきそうな気がしました。そして、今回のことから逃げずに自分なりにきちんと向き合わないと、このことが今後の私の恋愛観や異性との関係に多分に影響を及ぼしそうな気がしました。


それと、私はどんな物事でも、敗北感のある終わり方をすることがあまり好きではありません。

 

別に勝ち、負けにこだわっているわけではありません。これだけはどうしても違うと思うことが自分の中で納得のできない終わり方をしてしまうと、そのようなことというのは、今後の人生において、自分の心の中で暗い影となって潜んでしまうことが多いと感じています。


事実、今回の出来事は私がこれまでの人生の中で、男性にされた醜いことのワースト1になると思います。そうでなければ、こうまでしてブログに書かないです。

 

そして、今回のことも言ってみれば、婚活の延長のようなものですよね。40代の女性となると当然のことながら、婚活では世間様からの需要がなくなり、今回のような出来事に遭遇してしまうケースも少なくはないと思います。

 

幸いなことに私のブログは40代の女性の方々に多くお読みいただいている状況です。よって、今回のような出来事についても包み隠さず、私なりの考えを書いていくことで、微力ですがどなたかのお役に立てるのではないかと思っています。

 

net-star.hatenablog.com

 

最後になりますが、今回の出来事については、すでに複数の法律の専門家に相談を済ませています。自分の思いの丈をブログで公開することを推奨されたわけではありませんが、ここ最近の更新について色々と懸念されている方もいらっしゃるのではないかと思い、このことを最後に書き添えておきます。

 

これ以後も『自分の心が元気になり、そして、人のためになること』を着地点とし、ブレない考えを持ち、最後まで思いっきり書いていきます。