婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

「“一瞬でも好きになった女性”に男性はそのようなことはしないものだよ...」

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

日常での生活や仕事でもそうですが、なんらかの問題が起こったときにこの年齢にもなり、まずは「自分自身にもなにか至らない点はなかったのか」という考えや姿勢を持つことは大切なことです。そうでなければ、起こった問題からなにかを学ぶことはなく、人としての成長も閉ざされてしまうのが現実です。

 

しかし、今回の出来事において、私は何度どのように考えてみても“自分に非”が思い当たらず、悶々とした憂鬱な日々を過ごしていました。自分に思い当たる点が見当たらなければ見当たらないほど、当事者の男性から連絡が来ないことに苛立ちを感じていたのですが、そんな心の葛藤も最近では心穏やかなものに変わりました。本日のブログで私が愚痴を語るのはラストになります。毎日沢山の方にお読みいただきまして、本当にありがとうございました。

 

自分をカッコよく見せることには謝罪をし、都合の悪いブログの記事は削除。モテるためなら人の時間を奪い、人の心を弄ぶことをなんとも思わない。そして、都合が悪くなったら一切の音信不通...。

 

今回の出来事について長々と書いて来ましたが、“獲得したい対象物”が定まるとほかのことはどうでもよくなってしまうところに、当事者の男性の幼稚性が現れていると感じています。

 

当初、私はこの男性から謝罪をしてほしいとの思いで更新をした記事がいくつかありました。ところが、当事者の男性は私の更新したブログの内容が自分のことだとわかっているはずなのに、謝罪どころか、それらの記事にも“はてなスター”を送信して来るありさまでした。

 

さらに、私がこの男性に向けて書いた以下の記事に対し、またもやはてなスターの送信があり、その後、この男性はツイッターで「勘違いも甚だしい」「勘違いをした挙句に逆切れとはなかなかのもの...」との投稿をしていました。

net-star.hatenablog.com


自分が積極的に働きかけたことによる出来事であるのに、然るべき対応をとる以前に、平然と私への嫌がらせともとれる“はてなスター”の送信をして来たこの男性。まさかの展開に、私はついに自分の中の“瞬間湯沸かし器”が爆発してしまいました(涙...)

 

そうまでして女性からモテたいものでしょうかね!?

先日の記事に書いたバーのマスターが言っていました。

net-star.hatenablog.com

 

「男は“一瞬でも好きになった女性”にはそんなことはしないものだよ。もし、ほかにどうしても気になる女性が現れたのであれば、まともな男ならその事実を正直に伝えて相手の女性に誠意を見せるんじゃないかな...。」

 

私自身もやはりそうですが、自分が一瞬でも好きになった男性には、その後の発展や幸せを願うものです。こういったことからも、当事者の男性の“ただ単に女性にモテたくて”との軽率な行動が伺えると思います。


ここで、私は思うのですが、世の男性の皆さまは今回のようなことをしてまで女性にモテたいものでしょうか。私自身は昔からそのような考えはまったくありませんでしたし、過去にお付き合いをした男性もそんな考えの人はひとりもいなかったように思います。それに、それほどプライドの高い人もいませんでしたしね...。

 

わざわざ女性に思わせぶりなことをして、自分に好意や興味、関心の眼差しを向けさせることを“モテる”とは言わないと思います。そもそものところで、他人からの好意というものは“自然発生”により生み出されるものではないでしょうか。

 

異性からモテる、モテないというものは持って生まれた天性のものが由来することが多いですので、他人に迷惑をかけてまで手に入れようとすること自体が筋違いなのです。

 

 

そんなことをしてまでモテる気分を味わいたいのでしたら、一刻も早くホストクラブにでも転職したらいいのではないでしょうか!?

 

 

そして、他人を踏み台にして“自家製なるモテる自分”を味わったところで、そんなことではいつまで経っても自分に自信がつくことはないでしょう。ここでの“男性の自信”とは、自分が本当に好きになった女性から愛されることを意味するのではないかと私は思います。

 

付き合う考えもない女性に手当たり次第に声をかけ、「女性を落とすゲーム」の腕を上げたところで、このような男性にモテる日が来ることはないでしょう。人間は胡散臭いことをすればするほど、年齢とともにそのことが人相や態度に現れる生き物です。人の見た目は3秒で決まるなどと言われているくらいですので、本当の意味で女性にモテたいのでしたら、まっとうな努力と工夫を重ねていくしか方法はありません。 

 

当事者の男性は当ブログの『第一号の読者』でした

さらに、当事者の男性ですがなんとも悲しいことに、当ブログの『第一号の読者』になります。よって、第一号の読者登録の後、私が更新したどの記事にもこの男性からのはてなスターが付けられています。


はてなブログはどちらかというと“人同士の繋がりの濃いコミュニティー”と言われていますよね。この狭い世界の中で、自分のしたことにより、他人が快適にブログを利用できなくなることなどこの男性には考えが及ばないのかも知れません。

 

また、婚活に苦戦しながらもなんとか人生を好転させようとがんばっている私のことを、当事者の男性は応援してくれていたのではなかったのでしょうかね...。

 

“ストイックな彼”に振られ、術後の経過が思わしくなくストレスを軽減していきたいとブログで述べる私に対し、「女性からモテたい」との目的だけでここまでのことをされてしまったことは本当に悲しい限りです。

 

 

私は花火大会のことも、思わせぶりで人の心を弄ぶブログの度重なる更新も本当にトラウマになってしまいそうです。

 

 

本日のブログは私の思いの丈を言いたい放題の内容になってしまいましたが、当初は辛い状況からいつ抜け出せるだろうと思いきや、11月に入ってから劇的によいことや感動することが立て続けに起こりました。よって、次回からは、今回の出来事を通じて私が感じたことや感動したお話、読者様と約束していた記事を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク
?

 

人との出会いや繋がりを大切に生きていこう

今回の出来事により「どうせ私の人生はこんなことしか起こらないのだから...」と心が苦しい状況が続いていたのですが、ある方からの助言により私の心は完全復活を果たしました☆彡

 

そして、今回改めて感じましたが、人とのご縁や繋がり、周りの人を思いやる気持ちをこれまで以上に大切にしていこうと思いました。やはり、そうやって生きていると自分が苦境に陥ったとき、必ず手を差し伸べてくれる人が現れるものです。

 

このことを心に刻むために「一生のうちに出会える人の数」ということついて、ある情報を引用します。とても×2、感動するお話になると思います。

 

「一生のうちに出会える人の数ってどれくらいなのだろう」と考えたことはありますか。

 

何らかの接点を持つ人が3万人
そのうち近い関係(同じ学校、職場、近所など)の人が3000
さらにそのうち親しく会話を持つのが300
友人と呼べるのが30
親友と呼べるのが3

https://besuhau.hamazo.tv/e5100267.html 

 

一生の間に出会える確率は、24万分の1です。
近い関係になる確率は、240万分の1
さらにそのうち親しく会話を持つ確率が2400万分の1
友人と呼べる確率が24000万分の1
親友と呼べる確率が24億分の1
最愛の人を見つけた人。その確率は、72億分の1ですね。

 

こちらのブログでも日常でも、想像をはるかに超えるものすごい確率で私達は人と出会っているのです。このことを考えたら、ブログ間での交流はもちろん、日常や会社でも出会う人のことを大切にしようという気持ちになりますよね。

 

そして、以下のサイトを見ると、さらに感動すると思います。世界の人口の増減をリアルタイムでカウントしています↓

arkot.com


私達が今を生きていることや人との出会いは本当に奇跡的なことです。物凄い偶然と奇跡に感謝をすることで、この世に生を受けた自分にはなにができるのか。このことをテーマに、来年は私にとって飛躍の年にしたいと思います☆彡