婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

婚活である層の男性を対象外とすることに決めました

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

あるところで、私の動きがとても気になり、私のことを変えようとしたがる女性が少し前に現れました。

本日のブログなのですが、真夜中に書いていることもあり、大変ひとりよがりな内容になりそうでして、今後の自分のために書いていこうと思います。

 

年齢は30歳前後のこの女性、どうしてそんなに私のことが気になるのでしょうかねぇ!?

 

この女性からは、会うたびに色んなことを指摘され、はじめのうちは相手の意向に応じていたのですが、だんだんと彼女の言っていることや傲慢な態度にストレスを感じるようになって来ました。

 

周りもその女性のことをあまりよく思っていない人がチラホラいるようでした。


そして、少し前より、私は次に同じようなことがあったら「私、そろそろ言わせていただこうかしら!?」という気持ちになっていため、先日はっきりと自分の意思表示をしてみました。

 

そのあるところというのは会社ではなく、それほど自分の立場が危うくなる可能性も低いため、私は次のように言ってみました。

「今後、私へのご指摘につきましてはすべて○○さんを通していただけないでしょうか。私へのご指摘が改善すべきものなのかどうか私ではわかりかねますので、これ以後は、○○さんを介していただくようにお願いします。」※○○さんとは、そのあるところの責任者になります。

 

そうしたところ、その彼女より「了解。」とだけ言われ、その後は大変大人しくなってしまったではありませんかぁ...。

 

私はこのように人の第一印象や足元だけを見て人によって態度を変える人間が好きではありません。それどころか、大嫌いですね...。

人によってコロコロ態度を変えるだなんて、そんな生き方をしていて疲れないのかなぁって思いますし、まともな人間のすることではないと思っています。

 

婚活での効率を上げ、相性の合う男性と出会うために

そして、あるときから私はそのようなことをする人間に共通する「あること」に気がつき、私は特に婚活を再開する際には、そのような方々の共通点である「ある層」の方々を対象外とする予定です。


この「ある層」については婚活サイト等で一発検索が可能な内容となりますが、具体的に書くとネガコメや批判が殺到してしまいますので、自分だけが知っていればいいことにしておこうと思います。


以前の記事で私の家族のことを書きましたが、私のことを批判する身内やプライベート、仕事などでも最終的に決まって距離を置きたくなるのは、この「ある層」の方々であることがだんだんとわかって来ました。

 

職業や年収ではないのですが、効率を考えると特に婚活ではそうした方がいいのかなと思うようになりました。 

 

さらに、私は大人になってからある楽器を習ったことがあるのですが、その先生が言われていたことがあります。

 

音楽の世界というのも色々な人がいて、嫉妬や妬み、幼稚なことや人の足を引っ張ろうとするのは決まって私が距離を置こうとしている層の方々なのだそうです。


今回の女性もそう、婚活でおかしな発言をして来た男性もそう、そして、私の家族や親戚もそうなのですが、物事に対して「どうしてなのか?」ということを考えずに即座に相手を攻撃するような発言をしてしまう方が私は非常に苦手です。

 

そして、「なぜなのか?」ということを考えられない方々というのは、話合いの場を設けることを非常に嫌う傾向があるように思います。私はそのような回路を持つ男性とは結婚したくありません。

 

やはり、話をしていても気のせいではなく、私は「ある層」の方々と何かが合わないのではないかなぁと感じるようになりました。

 

それと、この「ある層」のこととはまた少し話は違うのですが、私はこれまでに日ごろから読書をしている男性とお付合いをしたことがありません。ですので、このことも前から望んでいたことなのですが、今後は読書習慣のある男性とお付合いをしてみたいと感じています。

 

本日のブログは完全にひとりよがりな内容となってしまい、自分でもお恥ずかしいと感じておりますが、今後の自分への覚書きとして残しておこうと思います。