婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

誠実な男性は、付き合う考えがないのなら、社交辞令で終わらせるものです

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

今からおよそ三ヶ月前、私は当事者の男性にはじめてお会いしました。その男性は私の話を聞いてみたいと言っていたわりには、私はそれほどたいした会話をした記憶がありません。

 

それどころか、この男性の一番の関心事はほかのところにあったのだろうな...と、その当時も現在も感じています。詳細について本日は書かないでおこうと思いますが(また後日にしますね)、このことについて友達に話したところ、「その彼とは縁がなさそうだね...」と言われました。

 

この男性とはじめてお会いした日、彼はブログにその日のことを「今日は美人と一緒に食事をしました」と書いていました。わざわざ遠方からお越しいただいたため、こちらからお渡ししたお取り寄せの食材も一緒にブログにアップされていました。

 

そのブログを読んだ後、私はこちらから以下の内容でメールの送信をしました。

※ご本人が特定されないように一部省略しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●●さん

風子です。

ブログを読みました。

●●●ですが、美味しかったようでよかったです。
自分用にもひとつ買ってみたので、近々食べてみますね。

それと、私が美人だなんてとんでもないですよ~。
年齢的にもホントに自信がありませんので...。

今後も婚活に大苦戦しそうですので、
また愚痴でも聞いていただけると嬉しいです。

本日は遠くから●●までお越しいただきまして、
ありがとうございました。
色々お話ができて楽しかったです。

風子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私からのメールに対し、この男性から返信があり、以下のようなことが書かれていました。


「風子さんは40代には見えず、お綺麗だと思いました。」

「女性として理想的な雰囲気だと思います。」

「私は若いだけの女性には興味がありませんから。」

「今度は一緒に焼き鳥を食べに行きましょう。」 

 

このような社交辞令のレベルでことが終わっていれば、私もこれほどまで怒ることはなかったでしょう。私が呆れているといいますか、怒っている内容については明確な理由があり、そのことが私の中では「人として許されないレベル」であるから、こちらのブログで書いているのです。次回は赤いペンでも持って、パソコンの前で私の更新をどうぞお待ちください。