婚活中の40代女性のブログ

婚活での愚痴や生涯独身の可能性に備え、あれこれ語っています

婚活の場で「今まで女性と付き合ったことがありません」の発言について思うこと

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーリンク

こんにちは、風子(ふうこ)です。

本日は、40代での出会いや婚活の場で「今まで女性と付き合ったことがないんです」であるとか、言わなくてもそのおかしな言動で女性にそのことを気づかせてしまっている男性について私が感じていることを書いていきます。

 

ほかにも「女性とほとんど付き合ったことがないのですが、こんな僕でも大丈夫でしょうか?」であるとか、これ以外にも不可解なものとしては、女性と交際経験がないために婚活でメールのやり取りだけで終わってしまった女性のことを「元カノ」と呼んでいるような男性もいました。

 

そのような言動をされましても、その場では穏やかな態度で接するように努めていますが、心の中では「いやいや、大丈夫なわけないでしょう。冗談じゃないわよ~!!」と早く席を立ち去りたい気持ちでいっぱいです。


このような男性達は、婚活で30代の女性にまったくといっていいほど相手にされずに終焉に向かう中、最後の望みをかけ私のような40代の女性に妥協をしはじめることになります。


そして、30代の女性たちの前では口が裂けても言えなかった「これまで女性と付き合ったことがなくて...」の発言を40代の私であれば許してくれるだろうと思い、言ってみているわけです。

 

 

そんな男性、どんなに年収が高かろうが、資産があろうが、優しそうであろうが、まったくもって冗談ではありませーーーーーーーーーーーーーん!!!


そのような男性のことを異性として意識することができるはずもなく、類似の発言があった場合には、瞬時に婚活対象外となります。

 

スポンサーリンク
 

 

婚活男子はホリエモンさんのように行動しよう!

これについて、なぜそう思うのかということを本日の本題になりますので、書いていきます。

 

私は先日、コンビニで堀江貴文さんの「後悔しない生き方」という書籍を購入しました。パラパラと流し読みをした程度ですが、そこにはどれもこれも当たり前のことなのではないかぁと思うことが書かれていました。

 

・「トライ&エラー」を繰り返す


・物事に熱中する


・行動する

 

とにかく悔いのない生き方をするためにひたすら努力をすると言ったことが書かれていました。ところが、ホリエモンさんの言われていることを同じようにやってみたところで、誰もが彼と同じような人生にならないのは、やはりホリエモンさんとは頭のよさが違うからなのだと思います。

 

しかしながら、このことを恋愛に置き換えてみますと、世の中の婚活に苦戦中の男性にとっては非常に有効なのではないかと思うのです。ホリエモンさんのような人生を送っている方はごく稀ですが、恋愛や結婚ができている男性は世の中に大勢いますよね。

 

女性とお付合いをするためには、トライ&エラーを繰り返し、好きな女性を射止めることに熱中し、とにかくひたすら行動あるのみです。

 

ところが、婚活で遭遇する女性免疫のない男性と話をしていて感じることですが、とにかく消極的でマイナス思考の方が多いです。失敗も成功も、どうしたら好きな女性とお付合いができるのかも、たいして行動や考えることもせず、今日に至った男性がほとんどであると感じています。

 

先日の会社でのAさんのお話になりますが、33歳にもなって、高校時代に振られた女性のことを今でもつい最近の出来事のように語っていました。つまり、彼の中ではそこから時が止まり、なにも行動ができていない様子でした。

 

このようなたいして行動や考えることもせず、失敗と成功を繰り返すことから逃げ、努力のかけらも見えないような男性のことを誰が相手にするのでしょうか...。 

 

女性である私の方がまだ様々な局面でトライ&エラーを繰り返してきたように思います。また、そのような男性と一緒にいても、この先の人生でなにか問題が発生した際など、途中でなんか違うなぁとなってしまうと思うのですよね。

 

会話をしていてもいつまでも考えが後ろ向きな方とは、この先、年齢を重ねていく中で一緒に成長していくことができなくなってしまいます。つまり、成長していくのは自分だけということになってしまうと思うんですよね。


ですので、これまでの人生において創意工夫やたいした行動もせずにただ歳を重ねただけの人間が婚活の場で、

「こんな僕でも大丈夫でしょうか?」などと言われましても、⇒即座に「冗談じゃないわよ~!!」となってしまうのです。

 

まだ書きたいことが山ほどあるのですが、長くなってしまいますので、続きは次回にしたいと思います。